介護職は爪切りをしてもいい?医療行為に当たらない方法について解説

介護を行う中で「これって医療行為?」と迷う経験をされた方も多いと思います。
医療行為と介護士によって行うことが認められる行為の区分を正しく理解しておくことは、安全の確保やトラブルの防止のために非常に重要です。
本記事ではまず介護の中で行なっても良い行為とそうでない行為について紹介します。
その後、具体例として「爪切り」に焦点を当てて、医療行為に当たらない爪切りの基準とその方法について解説します。

介護士によって行えるようになった「医療的ケア」とは

平成24年および27年に行われた介護保険法の一部改正により、これまで医療行為とされていた処置の一部を研修を受けた者や介護福祉士が担うことが認められました。

具体的には

  • 喀痰吸引 (口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内)
  • 経管栄養 (胃ろう、腸ろう、経鼻)

が新たに「医療的ケア」として、介護福祉士の職域に追加されました。
それにより医師・看護師・介護される方の負担が軽減されています。

ただし、介護保険法には「喀痰吸引その他のその者が日常生活を営むのに必要な行為であって、医師の指示のもとに行われるもの」という文言があるため、あくまでも医師の指示を得た上で、介助者の生活の利便性を高めるために行う必要があるという点には注意が必要です。

医療行為の中で規制対象外の行為とは

厚生労働省の資料「医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について」によると、医療行為に該当しない介護行為には次のようなものが挙げられています。

  • 体温の測定
  • 血圧の測定
  • パルスオキシメーターの装着
  • 軽微な傷、火傷などについて専門的な判断を必要としない処置をすること
  • 医薬品の使用介助 (皮膚への軟膏・湿布の塗布、点眼、内容薬の内服、座薬投入、鼻腔粘膜への薬剤噴霧)
  • 爪切り
  • 歯磨き
  • 耳垢の除去
  • ストマ装置のパウチに溜まった排泄物の除去
  • 自己導尿の補助のためにカテーテルを準備すること、姿勢を保持すること
  • 市販の使い捨てグリセリン浣腸器を用いた浣腸

一方で、

  • 血糖測定
  • インスリン注射
  • 摘便
  • 床ずれの処置
  • 点滴の管理

などは医療行為に該当するので、介護者が行ってはいけないことに注意が必要です。

規制対象外の行為ができる条件とは

先に挙げた「介護の一環として行うことが認められた行為」にも条件がつく場合があるので、個別のケースについては厚生労働省の資料で確認することが大切です。

爪切りを例に挙げると、介護者が爪切りを行えるのは次の条件を満たす場合に限ります。

  • 爪そのものに異常がない
  • 爪の周囲の皮膚にも可能や炎症がない
  • 糖尿病等の疾病による専門的な管理が必要でない

また、医薬品の使用介助では、

  • 患者が入院・入所して治療する必要がなく容態が安定していること
  • 副作用の危険性や投薬量の調整等のため、医師又は看護職員による連続的な容態の経過観察が必要である場合ではないこと
  • 内用薬については誤嚥の可能性、坐薬については肛門からの出血の可能性など、当該医薬品の使用の方法そのものについて専門的な配慮が必要な場合ではないこと

を満たしていることを医師または看護師が確認し、事前に本人または家族からの依頼に基づき、医師の指導受けて行うことが認められています。

研修を受けることでできるようになる医療行為もある

上述のように、医療的ケアの一部となった「喀痰吸引」「経管栄養」については介護福祉士が行うことが認められています。
これは2015年以降の介護福祉士の養成課程の中で、それぞれの処置の基本研修と演習を受けているからです。

介護福祉士の資格がない介護者の場合でも、次の3つの条件を満たすことで喀痰吸引及び経管栄養を行うことが認められるようになります。

  • 厚生労働省が実施する「喀痰吸引等研修」を受講する
  • 都道府県知事の発行する「認定特定行為業務従事者認定証」を受領する
  • 医療的ケアが認められた登録事業者で働く

介護士による正しい爪切りのやり方とは
ここまでで爪切りは医療的行為とは見なされず、介護士が担当できることを説明しました。次に介護士による正しい爪切りの方法をご紹介します。

①同意を得る

爪切りの際に出血を伴う可能性もあるので、まずは介護をされる方から同意を得ることが必要です。

②爪の状態を確認する

次に爪の状態を観察し、介護士による爪切りが認められる状態かどうか(爪や周辺の皮膚に異常がなく、糖尿病等の管理の必要もないか)を確認しましょう。

③爪をしっかりと洗う

爪を切りやすくするために、爪や皮膚をよく洗っておきましょう。入浴後であれば爪が柔らかく清潔な状態なので、爪切りに適しています。アルコールを浸した脱脂綿で爪の周辺を拭き、殺菌します。

④手や足を固定する

介護される方と同じ向きで座り、手または足を抱え込んで固定しましょう。その際に、自分の爪を切るのと同じ角度で固定できると切りやすいです。

⑤何回かに分けてゆっくりと爪を切る

固定ができた後、爪と皮膚の間に爪切りを入れ、何回かに分けてゆっくりと爪を切ります。角を切ってしまうと巻き爪の原因になるので、角を残して爪が四角の形になるように整えます。爪の先に白い部分が1-2mm程度残る程度まで切れば十分です。

爪切りには色々な種類がある

介護に使用できる爪切りにはいくつかの種類があります。ここでは「一般的な爪切り」「電動爪切り」「ニッパー式爪切り」の3種類をご紹介します。

①一般的な形の爪切り

一般的な爪切りは安価で、使い慣れている方が多いので、介護の現場でもよく使用されています。
一方で、爪を上下から切断するため、皮膚を挟んでしまった時に怪我のリスクがあります。

②電動爪切り

電動爪切りは機械内部にヤスリが入っており、それが回転または往復することで爪を研いでくれます。どこまで刃がきているかが見えやすい製品が多いので、安全性が高いというメリットがあります。
しかし、真っ直ぐでない爪などは研ぐのが難しいことや、高価であるというデメリットも存在します。

③ニッパー式爪切り

年を重ねるごとに爪は固く厚くなっていきます。高齢者介護では一般的な爪切りでは切れないようなケースもしばしばあり、その場合にはニッパー式の爪切りを使用します。
ニッパー式の爪切りでは爪への負担を最小に止め、簡単に爪を着ることができます。
一方で、細かな操作には適していないので、ヤスリと組み合わせることで爪を整えることが大切です。

医療行為違反に注意して行う

これまでご紹介してきたように、爪切りをはじめとしたいくつかの行為は、要件の範囲内で医療行為とは見なされず、介助者がサービスとして提供することが認められています。
それによって介護施設を利用することで、介護される方やその家族の負担を減らすことができます。
しかし、規制対象外の医療行為にはさまざまな要件が存在し、それらを守らなければ医師法に抵触する可能性があることには改めて注意しましょう。

今後変わる可能性のある介護職員による医療行為

保険法の改正により医療的ケアの定義が広まったように、今後も介護職員による医療行為の範囲が変化する可能性は十分にあります。
厚生労働省からの通知など、最新情報を十分に収集した上で行為の可否を判断してください。