介護業界で働く、訪問美容師になるために必要な資格・免許とは?サロンワークとの違い

介護業界には欠かせない存在の「訪問美容師」になるにはどのような資格が必要か?資格の取り方は?介護の資格は必要か?解説していきます。

美容院に来られないお客様へのサービス「訪問美容(訪問理容)」とは?

・高齢や病気、障がいなどで外出が困難…
・家族の介護や乳幼児の育児で美容室へ行けない…
このような悩みを抱えた方に対して、理美容師がご自宅や施設、病院に出向き美容室・理容室と同じようにサービスを提供する事を「訪問美容(訪問理容)」と言います。
「介護美容(介護理容)」や「福祉美容(福祉理容)」と呼ばれたりもします。

訪問美容が利用できるケース

“ 美容師は、美容所で美容を行わなくてはならない。ただし、疾病等により美容所に来られない者に対して行う場合や婚礼等の儀式に参列する者に対してその儀式の直前に行う場合、その他都道府県(保健所設置市又は特別区にあっては、市又は区)が条例で定める場合には出張して行うことができる。なお、出張専門で行う美容師も対象者がこの条件を満たす限り可能となる。
ー 美容師法の概要(厚生労働省)

“ 理容師は、理容所で理容を行わなくてはならない。ただし、疾病等により理容所に来られない者に対して行う場合や婚礼等の儀式に参列する者に対してその儀式の直前に行う場合、その他都道府県(保健所設置市又は特別区にあっては、市又は区)が条例で定める場合には出張して行うことができる。なお、出張専門で行う理容師も対象者がこの条件を満たす限り可能となる。
ー 理容師法の概要(厚生労働省) 

知っておきたい「美容」と「理容」の違いって何?

美容師と理容師は、どちらも国家資格が必要な職業です。但し、美容師は「美容師免許」を、理容師は「理容師免許」を取得していなければならないのです。
また、仕事の業務範囲変わります。

美容師

美容…美容とは、パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう。 ( 美容師法第2条1項 )

理容師

理容…理容とは、頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えることをいう。 ( 理容師法第1条2項 )

訪問美容師になるには美容師免許/理容師免許が必須!

【必須】美容師免許・理容師免許

美容師(理容師)免許を持っていれば、理論上はすぐにでも訪問美容師として働けます。
美容師・理容師免許を取得するには、専門学校等を卒業したのち国家試験(筆記・実技)に合格しなければなりません。

介護の資格は必要ないのか

訪問美容では介護の知識が求められます。
介護の知識が少ないと、お客様に間違った接し方をしてしまったり、怪我をさせてしまうことも考えられます。介護専門の資格を持っていると良いでしょう。

介護職員初任者研修

介護職をスタートする際に、最初に取得する入門的な資格です。

ー 受講資格 ー
誰でも受けられます。ー 資格取得方法 ー
初任者研修講座を開講しているスクールに通い、130時間のカリキュラムを修了して修了試験で合格

介護の資格はなくても知識は必要!

介護専門の資格が無くても、最低限の知識は必要です。
美容師(理容師)の資格だけで訪問美容として働くことができますが、介護の知識がないと健康状態の確認やお客様の身体への負担を考慮した施術を行うことが困難です。施術に耐えられない健康状態の方、視聴覚が衰えている方、車いすや認知症の方など美容師資格だけでは対応が難しいことがあります。

訪問美容×介護の資格は沢山あります。介護が必要な方への施術の方法を学び、身につける事ができます。

一般社団法人 日本訪問福祉理美容協会「訪問福祉理容師」資格

“ 「訪問福祉理美容師」とは、国家試験に合格した理容師・美容師がお年寄りや身体が不自由で寝たきりの方、車いすで生活されている障害者の方、老人福祉施設や療養施設に入所されている方、在宅で病気療養中の方、その他諸事情などで美容室に行くことが困難な方々のご自宅や施設へ訪問して、健常者や若年層と同様に安全で快適な美容を施せる技術、基本知識を有することを一般社団法人日本訪問福祉理美容協会(JVBWA)が証明する認定資格です。
資格認定制度について|日本訪問福祉理美容協会  ”

訪問美容に特化した資格です。講習を受けることで取得できます。
高齢者とのコミュニケーションや訪問美容の概要、介護の基礎知識や、注意点などを学ぶことができます。

ー 受講資格 ー
美容師又は理容師の国家資格を有する者、または厚生労働省指定の美容師、理容師養成教育機関にて卒業、美容師・理容師試験受験履修単位取得見込み証明が可能ー 受講カリキュラム   ー
・道具の準備取扱い
・高齢者、障がい、認知症の理解とサロン施術との違い
・お客様の移動、誘導
・コミニケーション、カウンセリング、施術の流れ
・掃除 など

NPO法人日本理美容福祉協会「福祉理美容師」資格

“ 福祉理美容士は、これまでの理美容師の経験・知識・技能に加え、ご高齢の方や身体の不自由な方などへの正しい介助知識を身につけたスペシャリストです。理容師・美容師が、介護福祉の基本知識をも兼ね備えることで、高齢化社会を担う認定資格あり、これからますます受講者が増える分野です。
ー 養成講座ご案内|NPO法人 日本理美容福祉協会 出張・訪問理美容 ”

出張理美容の実践に役立つ、寝たきりのカット技法・寝たままシャンプー技法などを学ぶことができます。

ー 受講資格 ー
理容師・美容師の資格を持つ方ー 受講カリキュラム   ー
・テキスト学習
・レポート提出
・講義、実技スクーリング

NPO法人医療福祉情報実務能力協会「認定福祉美容介護師®」資格

福祉介護の基礎や医学・薬学の知識を身に付けることができます。

ー 受講資格 ー
・美容師又は理容師の国家資格を有する方
・厚生労働省指定の美容師、理容師養成教育機関にて卒業された方
・美容師・理容師試験受験履修単位取得見込み証明が可能な方ー 資格取得方法 ー
・1次課程 当協会指定教育機関における通信教育
・2次課程 当協会指定教育機関における規定日数のスクーリング

訪問美容とサロンワークの大きな違い

訪問美容の仕事は、通常のサロンとは大きく違います。

サロンワークとの具体的な違いは
「高齢や障がいで自力で座れない・移動できない」
「お客様ご自身だけでなくご家族や施設職員から別の要望がある」
「健康状態などからお客様自身の意に添わず髪を短く切る必要がある」
「毎回現場が異なり、コンセントやカットに十分な場所が取れない、ルーチン化することができない」などなど

訪問美容のお客様は、高齢や障がいなど、外出が困難でサロンへ来られない方です。
お客様の障がいや病気、その日の健康状態によって施術の仕方が変わりますし、言葉が出せない、身体が不自由であると美容師へ思いを上手く伝えることが出来ません。
訪問美容師はお客様の表情を観察しながら、より気にかけながら仕事をしなければなりません。

訪問美容師として働くにはどうしたらいいのか

・介護に関する知識、高齢者や障がいのある方を施術する際の知識が必要
・サロンワークの経験があっても訪問美容は別物だということ

上記を理解して、知識を身につけておきましょう。

誰もがオシャレを楽しめるように活躍する訪問美容師

生きるうえで身なりを整えて、気持ちを上げることはとても大切なことです。普通のサロンワークとは違った大変さもありますが、お客様を綺麗にし、喜んでもらえるとパワーを貰えます。美容師・理容師免許を活かして、訪問美容という別ジャンルで働いてみませんか?

エルターレの訪問美容は全国対応受付中

エルターレの訪問/出張理美容サービス

介護の知識を習得したエルターレ株式会社の経験豊富な美容師・理容師が、美容室や理容室で受けられるサービスを訪問、出張してサービス提供致します。カット、シャンプー、パーマ、ヘアカラーリング、ヘアマニュキュア、ヘナ、メイク ネイル、フェイシャルエステ、シェービング、豊富なメニューを揃えてます。

【エルターレ株式会社】訪問理美容サービス

エルターレの訪問美容師&理容師 募集中です!

介護施設や医療施設、ご自宅にお伺いし、理美容サービスをご提供するお仕事です。
福祉の観点から社会貢献度も高く、お客様からの“ありがとう”と“笑顔”からサロンワークとは違うやりがいや喜びを心から実感出来ます。理容師免許、美容師免許の国家資格取得者が携わることの出来る特別なお仕事です。理美容サービスを通して一人でも多くの方にお喜び頂き、お役に立てることが弊社の使命です。

全国の皆様のご応募を心よりお待ちしております。お気軽にお電話でもお問合わせ下さい。

【エルターレ株式会社】訪問理美容サービス 美容師&理容師 募集