介護職の面接はどんな服装で臨むべき!?スーツがなくても大丈夫な理由を解説!

介護職へ転職・就職をするにあたって、面接時の服装は大事なポイントです。
しかし、介護業界の面接は、スーツではなくカジュアルな服装でも可とされている企業もあります。そのため、服装に迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

この記事ではそんな方へ向けて、介護職の面接はどんな服装で臨むべきかについて解説していきます。

介護職の面接はスーツ?着用するアイテムや身だしなみのポイントを解説!

介護職の面接は、相手側から指定がなければスーツで受けるのが無難です。
理由は、社会人の基本的な服装がスーツであり、礼儀正しい印象を与えられるためです。面接用のリクルートスーツがあるとベストです。スーツで面接に臨む際は、以下の点に注意しましょう。

スーツで介護職の面接を受ける際は、以下のポイントに気をつけましょう。

・スーツやYシャツはシワがない状態になっているか
・スーツやYシャツのサイズが合っているか
・スーツの色は黒や紺、グレーなど落ち着いた色
・Yシャツは白、水色などの無地
・ネクタイは派手でないものを選ぶ
・靴は男性が黒または茶色の革靴、女性が黒のパンプス
・黒や茶色系のビジネスバッグ
・髪の色は黒か暗めな茶色程度まで
・女性は髪が長い場合は留めておく
・香水など匂いがきつく感じるものはつけない

前日に準備してみたらスーツが合わないなどの場合もあります。そのため、面接を受ける1週間前には、実際に問題ないか見ておきましょう。

しかし、なかにはスーツをもっておらず、買うか迷ってしまうこともあるかもしれません。また、介護職は仕事の特性上、面接時に「私服可」の事業所もあります。
そんなときは、無理にスーツを購入するのではなく、身だしなみに気をつけて私服で面接を受けるのがいいでしょう。

【女性編】スーツが無い!そんな時の服装は?

介護職の面接を受ける人の中には、「スーツを持っていない」とスーツの購入を検討している人もいると思います。しかし、先ほども説明した通り、中には面接を受ける際に私服可の企業もあります。
そのためスーツを持っていない女性は、これから説明する点に気をつけて服装を選ぶようにしてください。

1.ジャケットを着用する

ジャケットは礼儀正しさを相手に印象付けることができます。そのため、スーツはないけど、ジャケットは持っているという人はジャケットで面接に臨むといいでしょう。
ジャケットを選ぶ際はスーツと同じく、黒や紺など落ち着いた色を選ぶように注意してください。

2.インナーは落ち着いたデザインを着用する

インナーは白色で落ち着いたデザインを基本としましょう。明るい色では派手な印象を与えてしまい悪い印象を与えかねません。また、キラキラしたデザインのインナーも良い印象を与えないので、何も付いていない無地のものを選ぶようにしましょう。

3.肌が隠れるパンツかスカートを選ぶ

介護職の面接はパンツ・スカートどちらでも問題ありません。しかし、肌が露出するような短すぎるスカートやパンツは避けましょう。肌が見えないほうが落ち着いてみえるので、良い印象を与えることができます。

4.靴はシンプルなパンプスが良い

介護職の面接では、黒色のシンプルなパンプスが適しています。ヒールが高い靴やスニーカーなどでは、礼儀正しい印象を与えられないからです。靴選びにもしっかりこだわって面接に臨むようにしてください。

5.ナチュラルメイクを意識する

面接ではナチュラルメイクを意識しましょう。派手なメイクは、企業側へ悪い印象を与えてしまいます。ネイルや長い爪なども清潔感に欠けて見えます。ナチュラルメイクで落ち着いた印象を与えられるように意識してみてください。

【男性編】スーツが無い!そんな時の服装は?

次は、スーツを持っていない男性が介護職の面接を受ける際の服装を解説します。女性同様に、気をつける点があるのでしっかり確認しましょう。

1.ジャケットを着用する

男性の場合も、ジャケットで面接に臨むといいでしょう。
ジャケットを選ぶ際はスーツと同じく、黒や紺など落ち着いた色を選びようにしてください。

2.白いワイシャツが基本

ジャケットの下は、白いワイシャツが基本になります。白色のワイシャツはシンプルな服装で落ち着いた清潔感のある印象を与えることができます。
白いワイシャツがないときは、薄い水色や青色でも問題ありません。
逆に選んでいけないのは、黒いワイシャツのような厳つく見えてしまう服装です。白いワイシャツで好印象を与えましょう。

3.靴は黒の革靴靴は黒の革靴を選びましょう。

派手な柄の革靴やスニーカーでは、カジュアルな印象を与えてしまいます。介護職の仕事ではスニーカーを履くこともありますが、面接のときは黒の革靴で礼儀正しい印象を与えられると良いです。

4.髪は短髪がベスト

髪型も面接時の印象を左右する大事な部分です。男性の場合、長髪はだらしない印象を与えてしまう可能性があります。
耳に髪がかからないような短髪の髪型がベストです。寝ぐせなどもNGです。しっかりと髪を整えて面接に臨むようにしてください。
また、鬚が伸びていると不潔に見えます。鬚も整えて清潔感のある印象を与えましょう。

面接にはどんなものを持っていけばいい?

次に、面接に持っていく持ち物についてです。面接での対応がどんなによくても、持ち物を忘れてしまっては相手からの印象はよく見えません。面接の前日に持ち物を確認して忘れず持っていくようにしましょう。

1.履歴書や職務経歴書

面接当日に履歴書などを渡す場合は、履歴書や職務経歴書は忘れずに持参してください。書類は折りたたまずに、ファイルに入れてきれいな状態で渡せるようにしましょう。カバンもA4サイズを折らずに入れられるビジネスバッグがおすすめです。

2.筆記用具とスケジュール帳

面接の最中でもメモを取れるように、筆記用具とスケジュール帳は持っていきましょう。面接中に仕事の開始日などを調整するときに必要になります。
スマホでもメモは取れますが、面接中にスマホをいじるのは失礼にあたります。必ず筆記用具とスケジュール帳は持参するようにしてください。

3.資格の認定証

資格認定証の原本や写しは忘れずに持参してください。応募書類と同じように、折りたたんだりせずファイルに入れて持ち歩くようにしましょう。

4.面接企業の連絡先

面接当日に電車の遅延等で送れる場合には、事前に連絡を入れないと失礼にあたります。そのため、面接してもらう企業様の連絡先や担当者の名前を控えておいてください。
何かあった場合は、すぐに連絡をいれて失礼のないように気をつけましょう。

5.スマートフォンとモバイルバッテリー

面接先の企業や担当者のへの連絡手段として、スマートフォンとモバイルバッテリーを忘れず持っていくようにしましょう。面接先までの道案内でもスマホを使う場合、充電がすぐになくなってしまう可能性もあります。そのため、仮に充電が切れてしまっても大丈夫なようにモバイルバッテリーもあると安心です。

6.エチケット用品

感染症予防の観点からマスクやハンカチといった衛生用品は忘れずに持参してください。消毒スプレーや除菌ウェットティッシュなども持っていると、「衛生面に気をつけている人」と好印象を与えることができます。

介護職の面接で気を付けるべき「身だしなみのマナー」

介護職の面接で気を付けなければいけないのが「身だしなみのマナー」です。人と関わる機会の多い介護職は普段からの身だしなみを重要視されます。そのため、以下の「身だしなみのマナー」を守って、面接を成功に導きましょう。

1.見た目に気を遣う

介護職の面接では清潔感があると思われることが大事になります。そのため、まずは見た目に気を遣いましょう。

・服装は落ち着いた印象を与える服装になっているか
・服はシワなどない服を選んでいるか
・鬚は伸びっぱなしになっていないか
・寝ぐせがそのままになっていないか
・化粧はナチュラルメイクになっているか
・髪が長いときは髪留めを使っているか

当たり前のようですが、人の印象を決めるのに55%は見た目で決まると言われています。
まずは見た目から清潔感をしっかりとアピールしていきましょう。

2.職場体験や施設見学がある場合は動きやすい服装を準備する

介護職の面接では、面接後に職場体験や施設見学が組まれることがあります。もし職場体験や見学が予定されている場合は、動きやすい服装を準備しておきましょう。
伸縮性のあるシャツやズボンを準備しておくと安心です。職場体験や見学があるか分からない場合は、面接の前にメールや電話等で確認しておくのがベストです。

3.アクセサリーはシンプルなものにする。

介護の仕事では人に直接触れることもあるため、大きめでゴツゴツしたアクセサリーは邪魔になってしまいます。介護される人を傷つけてしまう可能性もあります。そのため、アクセサリーを身につける場合は、シンプルであまり目立たないものを身につけるようにしましょう。

「清潔感」と「マナー」で第一印象をアップ!

介護業界の利用者は、比較的年配の方が多いです。
そのため、介護職では、人とのコミュニケーションでの「清潔感」と、一般的な社会常識の「マナー」を知っていることが重要になります。

面接時の第一印象では、お客様に不快感を与えない介護職にふさわしい人かどうかを見られます。面接前の服装は清潔感のある服装を選べているか、言葉遣いや話し方など常識的な振る舞いができているかをチェックしましょう。

また、第一印象で明るい印象を与えることも大切です。面接の最初のあいさつでは、笑顔でハキハキとした話し方で好印象を与えましょう。

しっかり準備して介護職の面接に臨もう!

介護職の面接はしっかり準備することで、採用の確率をグッと上げられます。特に礼儀正しさや社会人としてのマナーが大事になってきます。

介護業界はコミュニケーションの仕事であるため、最後は良さそうな人かどうかが判断の基準となりやすいです。真面目でしっかりとした印象を与えることで、面接を成功に導きましょう!

介護職に就きたいなら人材紹介を活用しよう!

人材紹介会社に登録すれば、介護業界への就職・転職を有利に進めることができます。会社とのやり取りを代行してもらえるだけでなく、業界の情報も仕入れることができるので活用しない手はありません。

介護職の就職・転職を検討しているのであれば、エルターレがおすすめです。
エルターレでは、簡単な無料登録で高時給の求人を紹介しています。
500施設以上の実績もあり、あなたの条件にあった求人をご案内できます。ぜひ登録してみてください!

無料登録はこちらから。

エルターレ介護登録