【介護用】大人用おむつ・尿とりパッド選び方と使用方法をわかりやすく解説! 

高齢者介護において、排泄ケアに悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

排泄行為をスムーズに行うために、その方に合った排泄介助の方法を検討するのはもちろん大切ですが、おむつやパッドの選び方も重要なポイントになります。

そこで今回の記事では、大人用のおむつ、尿とりパッドの使用方法をわかりやすく解説します。

この記事を参考に、お一人お一人の排泄ケアを見直すきっかけにしてみてください。

大人用おむつの種類について

大人用のおむつには「アウター」といわれる外側のおむつと、「インナー」といわれる内側のパッドがあります。さらにアウターにはテープで止めるテープ式おむつと、パンツ式の紙パンツ(リハビリパンツ)があります。

テープ式おむつ

テープ式おむつは、お腹側にあるテープを調節して使うタイプのおむつです。主に、寝て過ごすことが多い方に使用し、ベッド上での排泄に適しています。前面のテープを外してオープンにできるので寝たままでも排泄介助が楽に行えるのが特徴です。

紙パンツ

紙パンツもテープ式おむつと同じ外側のアウターです。介護現場などではリハビリパンツと呼ぶのが一般的で、スタッフ間ではよく「リハパン」と略されます。歩行や立位、座位保持ができるけれど、尿失禁が心配になってきた方におすすめです。パンツタイプなので上げ下ろしがしやすいのが特徴で、トイレでの排泄が自立支援につながります。

パッド

パッドは、テープ式おむつや紙パンツのインナーに使用します。その方の尿量やADL、性別などによって様々な種類のパッドから選択できます。尿漏れが少し気になる程度の方であれば布の失禁パンツに合わせて使用することも可能です。

 尿とりパッドの活用法は?

アウターのテープ式おむつや、紙パンツは単体でも使用できますが、パッドと併用して使用するのがおすすめです。尿とりパッドを活用するメリットをご紹介します。

経済的

おむつにパッドを併用すると排尿後にパッドを取り替えるだけでアウターは何度か使い回しができます。パッドだけ交換する方が、価格が安いので経済的です。

衛生的

吸収量の多いおむつを長時間つけるよりも、汚れるたびにパッドをこまめに交換する方が衛生的です。おむつかぶれや褥瘡、尿路感染なども予防できます。

介護者の負担軽減

パッドを使用すると、排尿で汚れた際はパッド交換だけですむので排泄介助が簡単で、介護者の負担軽減にもつながります。特に夜間の排泄介助は本人だけでなく、介護者の睡眠の妨げにもなります。吸収量のある夜用パッドを活用し、おむつ交換の頻度を減らすと双方にとって楽になるでしょう。

また、紙パンツの方であれば失禁をしたときにパッドだけ変えれば良いので、ズボンまで脱いでパンツを交換する手間も省けます。

大人用おむつ・紙パンツの選び方

アウターの大人用おむつは、それぞれどのような観点で選べば良いでしょうか。

大人用おむつの選び方

大人用のテープ式おむつの大きさは、腰回り(お尻)のサイズで選択しましょう。全面のテープで適度なサイズに微調整できますが、あまりにもサイズが違いすぎると尿漏れの原因になってしまいます。テープ式おむつには、おむつ自体に尿の吸収量の多い商品も販売されているので尿量が多い方には容量の多いタイプを選ぶと安心です。

大人用紙パンツの選び方

大人用の紙パンツはサイズの微調整ができないため、ウエストで合わせると、ちょうど良い大きさが選択できます。紙パンツもテープ式おむつと同様に、パンツ自体に尿の吸収量が多いタイプがあります。おむつでの排泄に移行する前に紙パンツを使用すると、ご自分でトイレに行く方の自立支援にもつながります。自分で上げ下ろしがしやすく、ゴワゴワしにくいサイズを選ぶと良いでしょう。

尿とりパッドの選び方

その方のADLに合わせてアウターのおむつを選択した後に、インナーを選びましょう。尿とりパッドの種類はメーカーによってもたくさんの種類があります。どのように選ぶとよいかを説明します。

時間帯で選ぶ

時間帯によって適したパッドを選びましょう。テープ式おむつの方であれば、日中は2~3回分の尿を吸収するタイプが適しています。また、夜間は睡眠の妨げにならないように、パッドの交換が少なくすむ大容量タイプを選びましょう。4~6回分程度の尿を吸収し、お尻の部分が広くなっているタイプであれば寝ている間も安心です。

紙パンツを使用している方であれば、その方のADLによっても変わってきますが、日中使用するパッドはこまめに交換ができる小さめタイプが経済的です。また、トイレに行ってパンツを下ろしたときにパッドが落ちてしまわないように、紙パンツにしっかりくっつくタイプのパッドが適しています。

夜間は、トイレに起きる方であれば日中と同じパッドで問題ありませんが、ぐっすり眠ってしまい失禁のある方は、テープ式おむつと同じように大容量タイプのパッドを選択すると安心です。また、夜間だけアウターも紙パンツからテープ式おむつに変更するのも一つです。

尿量で選ぶ

日中、夜間問わず尿量が多い方は大容量タイプが適しています。尿量が多いと漏れやすいのでギャザーがしっかりついており、お尻の部分が広くなっているタイプであれば漏れが軽減できます。また、尿でかぶれやすくなるので蒸れないように通気性の良いタイプを選択しましょう。

性別で選ぶ

男性用のパッドでは、男性の性器を包み込むように装着できる円すい状のパッドも販売されています。ピンポイントで尿を吸収するので、漏れを軽減できて安心です。また、お尻を動かさずにパッドの交換が簡単にできるのも利点です。

女性であれば、ベッドで寝ている時はお尻側に尿が流れやすいのでお尻側が広くなっているタイプが適しています。

おむつが必要になった時、確認するべきこと

おむつが必要になったらその方の尿量、体型、ADL、性別、認知症の有無、疾患など様々な要素を総合的に判断して排泄介助の方法やおむつの種類を選びます。

排泄の自立していた方が失禁の頻度が増えてきた場合、安易におむつに変更するのではなく、必要性を確認してその方に合った排泄方法を見極めましょう。施設ケアであれば排泄パターンを記録に残し、トイレ誘導の時間を工夫するなども有効です。お一人お一人の排泄マニュアルができ、活用事例が共有できればサービスの質も上がっていくでしょう。

排泄ケアといえばデリケートで、誰でも出来るだけ最後まで自分で行いたいと思うものです。歩行状態やトイレの利用頻度、排泄に関する動作がどの程度できるかをしっかりアセスメントし、適切なケアを検討するのが大切です。

おむつ・尿とりパッドの正しい使い方

おむつ、尿とりパッドは尿漏れがしにくいように各メーカー工夫がされています。正しく装着できていなければ装着時に不快になり、尿漏れの頻度も増えてしまいます。正しい使い方を理解しておきましょう。

1.ギャザーをしっかり立てる

テープ止めタイプのおむつは、両サイドにギャザーがついているので、ギャザーのすき間にパッドを入れ込むと尿もれが抑えられます。この時、パッドにもギャザーがついているのでパッドのギャザーもしっかり立てておきます。おむつをあてる前にギャザーを立ててセットするのが尿もれ防止のポイントです。

2.尿とりパッドを吸収しやすい所にあてる

排泄介助時に横向きになっていただいたら、おむつの中心が背骨の位置になり、おむつの上側のテープが腰骨のあたりになるようにセットします。仰向けになり、尿とりパッドあてる時は男性と女性であて方にコツがあります。

  • 男性の場合…尿とりパッドを谷折りにしてカップ状にして包み込む
  • 女性の場合…尿とりパッドを山折りにして沿わせてあてる

パッドをあてたら、テープ止めおむつのギャザーを広げながら引き上げましょう。

3.おむつのテープは体に沿わせてクロスに止める

おむつ前面のテープは、尿とりパッドがずれないように注意しながら先に下側の左右のテープを止め、その後上側の左右のテープを止めます。この時、真っ直ぐ止めるのではなく体に添わせるようにクロスに止めると体にフィットします。

使用者に合わせたおむつ選びで快適な生活を

今回の記事では、介護用のおむつの選び方や装着方法について解説しました。

排泄介助は、デリケートなケアなので介護者にとっては難しいケアの一つです。

しかし、その方に合ったおむつやパッドを選択し、装着方法をマスターすれば介護する側、される側双方にとって快適になります。

その方の尊厳を大切にし、自立支援をサポートできるように、一人一人に合った排泄ケアを検討しましょう。