介護現場におけるモニタリングシート。書き方や活用事例を解説

介護現場において、より良いサービスを提供するためにモニタリングはとても重要です。

しかし、モニタリングを行った後に記録に残す作業は、事務仕事が増えてしまい、負担と感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では介護現場におけるモニタリングシートの書き方や活用事例を解説します。

この記事を参考にモニタリングをサービスの向上に活用できるようにしていきましましょう

モニタリングとは

介護サービスにおけるモニタリングとは、介護計画の進捗状況を定期的に確認することをいいます。目標達成に向けて適切にサービスが提供されているか、ご利用者の心身の状況やニーズの変化などがないかを評価します。

もちろん、ご利用者の心身の状況は変化するものなので、プランが全て順調に進むケースばかりではありません。モニタリングを通して、ご利用者のニーズに合わせたプランを調整するのが大切です。

モニタリングシートの書き方

モニタリングを記録する際の様式は決められていません。しかし、モニタリングは計画書に沿ったサービスが実施されているかや目標達成状況を定期的に確認する大切な作業です。確認すべき項目をしっかりおさえて記入する必要があります。要点を押さえたモニタリングをするためにも、記載しやすいモニタリングシートの様式を選択しましょう。

モニタリングを記載する内容のポイントは以下の通りです。

  • サービスの実施状況
  • ご利用者の満足度
  • 生活状況や心身の状況の変化
  • 目標の達成状況
  • 新たなニーズ
  • 今後の方針

これらのポイントをおさえて記録に残しておき、目標達成に近づいているか、サービスの変更が必要かどうかを検討します。

モニタリングシートの役割は?

モニタリングシートの役割は、目標達成に向けての進捗状況を記録して評価することです。また、ご利用者のニーズや生活状況、心身の状況の変化を記録に残すので、スタッフ間の情報共有にも便利です。スタッフの入れ替わりがあってもご利用者のこれまでの経過を申し送ることができます。また、事業所の実地指導などでも事業所が適正に運営されているかを確認できる証明にもなります。

在宅サービスの場合、ケアマネジャーのケアプランをもとにデイサービス・デイケア・訪問介護・訪問看護・福祉用具貸与サービスなどの各事業所がそれぞれに計画書を作成し、モニタリングします。各事業所のモニタリング記録はケアマネジャーにとって、ケアプランを作成時の大切な情報です。

モニタリングシートは記録だけが目的ではなく、定期的にご利用者やご家族に状況を確認するコミュニケーションツールにもなります。モニタリングを通してご利用者の声に耳を傾け、信頼関係を築くことも大切です。

介護施設でのモニタリングシートの活用事例

老人ホームなどの介護施設のモニタリングは、一般的には3ヶ月に1回程度です。施設によっては、6ヶ月に1回の場合もあれば、もっとこまめにモニタリングを行っているところもあります。

介護施設では現場で直接ご利用者に関わっている介護スタッフがモニタリングを担当するケースが多くあります。心身の状況・会話の内容・要望など日々の様子を記録し、気づいたことなども細かく記録に残しておくとサービスの向上に役立ちます。しかし、モニタリングの主な担当はケアマネジャーです。介護スタッフから報告された情報をもとに計画書の作成を責任を持って行います。

施設では、利用者のニーズをしっかり把握し、施設に入居しても今までと同じように、その方らしい生活を送れるようにプランを計画するのが大切です。

デイサービスでのモニタリングシートの活用事例

デイサービスと呼ばれる通所介護事業所では、ケアマネジャーのケアプランの内容をもとに通所介護計画書を作成します。また、個別機能訓練加算を算定している事業所は、個別機能訓練計画書のモニタリングも必須です。

デイサービスの利用は、機能訓練や他者との交流を通して心身機能の維持や社会的孤立感の解消を目的としており、介護者の負担軽減にもなります。計画書はケアプランに基づき、その目的が達成されるような内容で作成し、しっかりとモニタリングしていきましょう。

通所介護計画書

デイサービスで行うモニタリングにはモニタリング期間にはとくに指定がありません。しかし、必要に応じて計画書を変更しなくてはいけないので定期的なモニタリングは必須です。通所介護計画書は、ケアマネジャーのケアプランの内容をもとに作成するので、内容が変更されれば見直す必要があります。 

個別機能訓練計画書

個別機能訓練加算とは、高齢者に合わせた機能訓練を行った場合に算定される介護サービスの加算です。加算の算定には理学療法士等の機能訓練指導員が配置されている必要があり、利用者ごとの個別機能訓練計画書に基づき機能訓練を実施し、効果等について評価する取り組みにより算定できます。

個別機能訓練加算のモニタリングは、3月に1回以上利用者の居宅を訪問し生活の状況を確認します。個別機能訓練計画の進捗状況を説明、記録して必要があれば個別機能訓練計画を見直す必要があります。目標の達成度合いについて、ケアマネジャーに報告し情報提供をすることも必須です。

訪問介護でのモニタリングシートの活用事例

訪問介護事業所もデイサービスと同様、ケアマネジャーのケアプランをもとにサービス提供責任者が訪問介護計画書を作成します。短期目標の達成を目指しながら訪問介護サービスを行い、ご利用者やご家族のニーズに変化がないかをモニタリングします。

訪問介護は、ケアマネージャーのように月に1回必ずモニタリングを実施しなければいけないというルールはありません。しかし計画の有効期間内に少なくとも1回以上は実施し、評価を行う必要があります。

訪問介護は自宅内でのサービスであるため、日常生活全般の生活のニーズを把握し在宅生活を支えるプランを作成し、モニタリングすることが大切です。

モニタリングシートの記入で迷った時の例文紹介

実際にモニタリングシートに記載する例文を紹介します。

介護施設でのモニタリング例文

短期目標歩行時の転倒事故を防止し、安全に歩けるようになる
サービス内容食事の前後にダイニングまでスタッフ見守りのもと歩行訓練する
サービス実施状況本人も意欲的なため計画通りに実施できている。
本人・家族の要望など本人:出来る範囲で自分のことは自分で行い、迷惑かけずに生活したい。 家族:安全に施設での生活を続けてほしい。
評価入居当初は転倒を繰り返していたが、毎日の歩行訓練により下肢筋力を鍛えることで、歩行が少しずつ安定している。一人で歩行するにはまだ不安定な場面もみられる。
今後の方針もう3カ月継続。食事以外にも歩行する機会を増やし自立歩行を目指す。

デイサービスでのモニタリング例文

短期目標日常生活に楽しみを見つけ心身を活性化させる
サービス内容レクリエーションへの参加で他者との交流を増やす
サービス実施状況デイサービスを楽しみにされておりほぼ休まず通われている。計画通りに実施できている。
本人・家族の要望など本人:話をする相手が欲しい。楽しい時間を持ちたい。 家族:出来るだけ認知症の進行を遅らせるように、他の人と交流してほしい。
評価他者との交流や外出の機会を作ることで、本人の楽しみが増えている。介護者も時間が確保され介護負担が軽減できている。
今後の方針自宅では外出機会も減り活動量が落ちているので、交流や運動の機会を確保していくためにも今後もデイサービスの利用を継続。

訪問介護でのモニタリングシート例文

短期目標できる限り安心して穏やかな在宅生活を維持・継続できる
サービス内容調理援助。自分で出来る調理等は自分で行う
サービス実施状況できることはご自分でしてもらうように促し、ヘルパー見守りのもと簡単な調理はできている。
本人・家族の要望など本人:人の世話になりたくない。自分でできることは自分でしたい。 家族:できる限り安全に本人の思うように生活してほしい
評価できることはご自分でしてもらうように促しているが、自発的に調理することは難しくなってきている。糖尿病の診断もあるため、食事内容の注意も必要。ヘルパーの援助によりバランスの良い食事内容が継続できている。
今後の方針認知症の進行で、自分で調理を行うのが難しくなっている。在宅生活を継続していくには調理援助の継続が必要。

書き方・活用の仕方を理解してスムーズな作成を

モニタリングは記録する作業が多いため大変に思う方も多いと思われますが、利用者さんとの関係づくりのためにも大切な過程です。定期的に心身状況の確認やニーズの変化を捉えられる絶好の機会で、関係機関とのスムーズな情報共有にも役立ちます。

継続的なモニタリングを通してご利用者・ご家族と良い関係を築き、サービス向上を目指しましょう。